もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ゲー」の個人差

まず王子様ネコさま。

年季の入ったゲー使い。
彼のゲーの衝動を少しでも軽減するため、我が家の食事は5回もある。
朝、昼、夕、夜、深夜1(最近は、深夜2も提供中)

吐きそうになると、慌てて両手で受けようとするけれど、
その大事な瞬間に 必ず 横を向く。

更に悲しいことに、彼の選ぶ場所がまずい。
布団、じゅうたん、こたつ、毛布。泣ける。














食べすぎ「ゲー」常習のモコお嬢様。

彼女はコツコツと、一粒ずつ時間をかけてゆっくり食べる。
給食で取り残された子のように、最後まで黙々一人でお食事。
食事後、
主のいなくなった人(猫だけど)の皿に残ってるゴハンがあると、思わずそれにも手を伸ばす。
結果、・・・食べすぎ。

モコの好みは床。ええ子や~( ´▽`)
床に点在するゲーは、ほとんどモコのもの。
面倒見がよくセルフメンテがまめなため、時々毛も吐き出す。
プーシャンにつられて食べる「葉っぱ」も過ぎれば吐き戻す。

最近のブームは「高所ゲー」
高窓の枠から、椅子の上から、階段の上段から、下駄箱の上から。
な・・・何か意味があるのだろーか。














夢のような少年プーシャン

「葉っぱ」好きプーシャン
猫草はもちろん、水菜、レタス、小松菜、大根の葉。
おねだりするほど好きな彼だけど、葉っぱを吐き戻したことはなく、消化不良もない。
(実は猫じゃないんでは??)
関係ないけど、鰹節にも興味ない。
(やっぱり猫じゃないんでは??)


モコに頼りセルフメンテもテキトーなので毛も吐かない。
シャベルのように下あごですくって食べる大食いではあるけど、吐き戻したりはしない。
つまり、彼は「ゲー」しない!

夢のようです。
こんな子もいるのですね~。

子猫時代に1度だけ食べ過ぎて吐き戻して、発見した時には大半を自身で回収してました。
それが教訓で「禁ゲー」決心でもしたのかしらん。




応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|王子様ネコ|プーシャン|モコ|体調管理|




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。