もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


消しゴム作戦

ワタシがチャレンジしてる網戸対策の、突っ張り棒簡易柵や、網戸ストッパーなどは、
「突発時の備え」
のためだけだったりします。
ありがたいことに、我が家には外に出ようと執着する猫さんはいません。



外へ出ようと試行錯誤し、隙あらば外出!と策を練る猫さんには通用しないでしょう。
突っ張り棒は、足元のゴム部分の近くに顔や手を突っ込んで力を横に加えたらあっさり動かせます。
ストッパーは、戸が横に移動するのを止めるだけ。網を破ることも網戸が外れることも阻止できません。
それぞれの猫さんの性格や行動によって、対策はかなり違ってくると思います。
なるべくコストが掛からず、人間も過ごしやすい対策がよいですよね~。










「網戸が外れる」のがワタシの抱える不安。
プーシャンが掃き出し窓で、網戸ごと放り出された経験がトラウマになってます。

1階の窓にはシャッターが付いてます。
そのシャッター枠と消しゴムを利用して網戸のガタつきを防ぎ、外れにくくする作戦!
(網戸の外に枠がない窓では使用できないので、シャッターのない2階ベランダの網戸はボツ)



シャッター枠と網戸との間に、ピッタリサイズの消しゴムを挟む。
(友人宅では、消しゴム2個でピッタリだったらしい。サイズは色々なようです)

手前が部屋側、奥が外側。


場所は真ん中辺りがよいでしょう。

真ん中あたりに移動させて、両面テープでくっつけ~。

網戸の開閉がしっかりできることを確認(*^-゚)v
ピッタリサイズの消しゴムを挟んだ網戸は、揺らしてみてもガタっともしません。
100円で5個入り消しゴム。すばらしいコスパ♪ ダイソーさんありがとー♪

中央側は消しゴムを挟めないので、力をかけるとたわみます。
クレセントのある中央側には間違っても飛びつけないように、
窓は全開にせず、半分程度の開放で過ごすようにしてます。






この消しゴム作戦、プーシャン事件の直後からやってます。
ゴムはプラスチックと癒着するけれど、幸い設置場所にはそういうものはなく、
両面テープともあんまり仲良くないそうで、ベタベタにくっついたりはしてません。
耐久性も問題なしぽです。

電動シャッターにリフォームしたら、開閉時に飛び出す心配もクリアできてなお安心。
イタリヤEZという商品がお手ごろで魅力的なんですが、
それでも、掃き出し窓ひとつで20万近くかかりそう。・・・無理。
よくよく注意して開け閉めしますッ ('◇')ゞ




関連記事:
にほんブログ村 猫ブログへ

by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活






関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。