もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


猫仕様・網戸対策

吹く風が心地よい季節の到来です。
網戸から入る風が気持ちいいのは、人間もネコさんも一緒です。

昨年プーシャンが網戸の枠ごと庭に放り出されて以来、今まで以上に窓が気になってます。

晴れまくり暑かったGWに、我が家で導入した窓対策の紹介です。
猫さんの逸走脱走防止などに悩んでいる、
どなたかのお役に立ったりすることもある。・・かもしんない('-'*)フフ




今までは
こんな感じの網戸ロックを使ってきました。
戸が横に開くことを制御するには良品です。
もちろん今でも網戸にくっついてます♪


プーシャンは、驚いた拍子にパニックになり、掃きだしの大きな網戸に駆け上ました。
網戸上部に5キロを超える重さがかかったため、
網戸の縦枠がたわみ、枠ごと外側に外れたのです。




今回の対策はコレ。ジャジャーン!

簡易柵です。
材料は
「突っ張り棒」とか「伸縮棒」とか「フリーポール」とか「テンションポール」とか呼ばれるもの。
バネの力で両端に圧着させるシロモノです。









網戸事件以来、
100均で売られているけど、100円じゃないもの「メッシュパネル」(泣)
これをいくつか組み合わせて対策をしてました。
パネルはサッシのガラス戸の枠にはめ込んで固定します。
左の写真がソレです。


「メリット」としては、4面はめ込みできれば、強度が強いこと。
「デメリット」として、窓の開閉が不自由。開ける度にはめ込む面倒さ;;

デメリットを無くしてなるべく強度を上げる対策を考えてました。
もちろん、かかるコストも無視できません><










今回の材料は「テンションポール」です。
ニトリで、1本190円。

長さの違う2種類(値段はどちらも190円)を、大量買いいたしました。
テンションポール(NT2 BR 120-200) ニトリ
テンションポール(NT2 BR 70-120) ニトリ
パッケージには何故か499円って書いてあるんですけど、
店でもネットでも190円で購入できます。
1本あたりの耐過重は長さに依存するので、本数で強度アップを目指します。


右から1本ずつ、くるくる伸ばして圧着して設置。
設置途中なのに飛び乗って 邪魔する 様子を見るプーシャン












設置完了です。

窓全開状態。

中途半端に開けてる状態。

手前側のサッシを開け閉めしますが、
棒は開ける窓より奥にあるため、
開閉に支障はありません。

パネルをはめ込むにはコツが必要ですし、面倒なため、
ダンナさんは一度も使ったことがありませーん。
事故がないよう室内でスタンバって居られないときは、窓は開けないわけです。

眠る時は閉める。
部屋から離れる時は閉める。
居ない部屋はもちろん閉まってる。

という・・・・風の抜けない状態で過ごしてきました。
ワタシがパネルをつけて窓を開放しない限り。


今回の対策の結果、パネルのデメリット部分は解消されました。
誰でも、開け閉め簡単自由ヽ(´▽`)/ワーイ













さてっと、
パネルのメリット部分である「強度」のお話。
パネルは4面で固定しますが、棒は2面というか2点?

棒たちの収まりはこんな感じです。
サッシ枠の形状によっても違うんじゃないかと思うのですが、我が家ではこんな形。
枠下部の写真ですが、枠の上部も同じようなレールのある形状です。

写真左側が外、右側が室内側です。

棒の足の、丸いゴム部分の左側(外側)には、
外側サッシ窓用のレールがあり、爪となって移動(内側→外側)を防いでます。
足元部分がズレて、棒ごと外側に外れる可能性は低そうです。






不安を感じるのは、プーシャンの網戸事件と似た現象。
長く伸ばした棒の途中に圧力や負荷が掛かった場合かな。

たとえば、
・どこかからすっ飛んできて、掃きだし窓の中間地点あたりに体重乗せて体当たり。
・窓に爪を立ててよじ登り、棒の中間あたりを体重ごと圧迫。

それでも、本数があれば力は分散するので、
外れるほどにはならないようにも思えますが、なんともいえません。

長さがあっても強度のあるものが何種類も販売されてるのですが、
棒そのものの太さと、足のゴム部分の大きさや形状で強度を上げているようです。
サッシ枠内への設置はゴム部分のサイズからみても無理そう。それに高価★












高さが1メートル(1000mm)程度の窓なら強度はかなりありますが、
掃きだしのような大きな窓だと強度はゆるいです。







棒の設置スパンは、テキトーです。
ネコさんたちの頭が抜けないだろう的な、見た目の感じで設置。
(いい加減だな)

外側のサッシを開け閉めする場合や、人の出入り、
雨戸の開け閉めには、パネルと同様の不自由さが伴います;;






本当は、網戸の縦枠にサッシそのものくらいの強度があれば、
強度のある網(ペットディフェンスなど)に変えるだけで完璧な対策となるのに・・・。
仕方ないけど残念。





この網戸対策のおかげで、今は風が家中を吹き渡っております。気持ちイイ( ´ー`)
(強度の不安から、掃きだし窓は全面開放してません。半分開放くらい。)
今年の夏はこれで乗り切れそうな予感。
コストは数千円でお得でした。風雨が当たることを思うと痛むのも早いかな。
ダメ具合が出てきたらまた記事にします。

そして、秋になったら取り外して収納する予定です~。




応援クリック、いつもありがとうございます

by ゆきもなか






関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。