もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お花見猫


窓枠に陣取り、満開のを眺めるプーシャン

このの木はもうありません。
今年の3月、いや2月の終わりだったかな・・・の木は根元から伐られました。
すでに蕾もあったろうに・・・。












春風を網戸越しに浴びたモコさんとプーシャン。
王子様ネコは、高所恐怖症のためかこの窓枠に上れません。汗

写真は2枚とも去年のものです。

引っ越してきた頃には、家の西に大きな大きなの木がありました。
2回見物できましたが、その後は家が建ち、は消えました。

写真のは北側にあり、8年もの間春を楽しませてくれました。
建物が建ったわけではないので、切り株から新芽を出すかもしれません。

月日と共に色々と変わっていくのは切ないです。
我が家が出来た時には、古くからの住人から見たら「里山が削られた」ように思ったことでしょう。


もうすぐ山桜が満開となります。
木にまぎれて姿は発見しにくいけれど、桜吹雪はいつものように舞うかもしれません。
窓の外を雪のように舞う桜の花びらを、ワタシも猫さんたちも堪能できるといいな。






応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|プーシャン|モコ|




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。