もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユニの膀胱炎

いつも元気だったユニですが、血尿と頻尿に見舞われました
床とか玄関のタイルとか洗面台のシンクなどに粗相してしまう。
尿の終わりくらいに血の色が濃く混じります。

といっても、始まったのは7月の初め。
ほぼ同じ状態がひと月続いてるのです。
本人は元気ですし、よく寝て遊び食べて…普通に元気です。




尿中に結晶もなく、細菌培養しても原因が特定できず「特発性膀胱炎」の疑いの状態です。

この膀胱炎は厄介で対策がないんだそうで、
獣医さんによると今現在唯一効果を謳っているのがヒルズのマルチケアコンフォートだとか。
早速取り寄せていただいて食べさせることに。

参考までに、このフードの説明など。
日本ヒルズ・コルゲート株式会社のプレスリリース(2014年2月24日)
さがみはらどうぶつ病院 「c/dマルチケアコンフォートレポート」

ヒルズに問い合わせたところによると、
特発性膀胱炎に対する有効性分と配合量は下記の通り。
ミルクプロテイン 1g/1kg
L-トリプトファン 90mg/100kcal
効能については検索でたくさん出てくるので書きませぬ。





さて、
このヒルズのごはんは呆気なく放置されることになりました。
ひとつはハンストされたこと(涙)飽きたらしい。
もう一つは尿pHが6くらいを推移し続けて酸性に寄り過ぎたこと。

ヒドロキシトリプトファンのサプリを持っているので、
フードのL-トリプトファンの配合量から、
適正量を逆算してサプリとして飲ませることにしました。
ミルクプロテインは免疫効果を担うサプリで代用してます。
ごはんは通常のものに戻して経過を観察中。


痛がって鳴いたりはしないけど、出たくても出せないのはもどかしいはず。
悪化してないのは幸いだけれど少しずつでも良くなっていきますように。


応援クリック、いつもありがとうございます

by ゆきもなか



関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。