もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


電線にとまった大きくて優雅な黒い鳥を見つめる

「カラス」です。
羽ばたくと小鳥の比ではない大きさ。
滑空するとまるで黒い影のよう。
窓から見かける鳥の中では最大、しかも近距離。


目を離せずじっと見つめるユニ


興奮気味に注視するプーシャン



黒い鳥が羽ばたいて去ってしまうと、不満そうにユニがワタシを見てる。



残念だね。誰にも自由なカラスを引き止めておくことなどできないのだよ。
あ、ゴミの日は別だけど…。


応援クリック、いつもありがとうございます

by ゆきもなか


関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。