もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寄り添い猫

冬の訪れを告げる寄り添い猫。


通りすがりにふと見ると、こんな光景でした。
これから寒くなり、年を越し、春が訪れるまで、あちこちでこんな感じになる。

でも今日は昨日より少し暖かい気がする。





[ペティオ ホールドベッドミケネコ ]      
4,980 円  タイムインハート/楽天市場

猫さん模様のデザインは在庫があまりない様子。
ウチのは数年前に購入して重宝してます。
真冬にはレンジでチンした湯たんぽ入りになります。
内部の傾斜が心地よいらしいです。




応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活

|王子様ネコ|モコ|




スポンサーサイト

関連記事

冬支度な日

急に木枯らしぽい風が吹きはじめました。
今夜から冬だそうです。


午前中に慌てて冬のお布団に入れ替え。
ついでに扇風機も片付けて、カーボンヒーターがお目見え。


布団を片付ける様子を淡々と見詰めるプーシャン

ふむ。こうしてみると・・・なかなか男前。
中身がキャッキャしてる子猫と同じにはとても見えない。
いつか外見に中身も追いつくのだろーか。さびしいな。







綺麗になったお布団を確認に来た王子様ネコさま。
窓枠のプーシャンにも目を配ります。


ひと通り辺りを確認し、匂いもチェックして、うたた寝に入る王子様ネコ


新しいベッドはサイズが今までと違うので、お布団も全て新しくなりました。
冬用お布団も新しい。
匂いの少ない羽毛布団にしたんだけど。
モコ(オシッコ猫)の嗅覚を刺激しないでくれるよう祈るばかりです;;



応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|王子様ネコ|プーシャン|




関連記事

モコと水槽

彼女の見る先にはワタシがいて、その膝には王子様ネコが。
寒くなってきたら膝が大人気で順番待ちとなっております( ´▽`)


今も、王子様ネコを乗せたままのやりにくーいブログ更新中。
時々、クレームがつきます。動く手が鬱陶しいそうです。そんなこと言われても。泣




置き場所に定位置がないパラボラチェア。
とりあえずソファの横に置いて、そのまま現在に至ります。



パラボラチェアの
横のソファ。

その先に水槽があります。





水槽を背景にうつらうつらするモコさん。


















本題からそれますが【禁煙】しております。10月からスタートしてます。
高くなったタバコは購入しない!をポリシーに電子タバコの助けを得ながら継続中です。

面白い変化がありましたです。

平常時ワタシの脈拍は80~100でした。
お掃除するだけで120は当たり前で、それは個性だと信じてました。

先日ふと計ると、脈が50~60。
あぁ、徐脈で死んじゃうんだ。
と調べてみたところ、それってきわめて普通。

長年の喫煙習慣のせいで頻脈傾向になっていて、
本人はそれを問題にさえしてなかったのですね。
体がニコチン中毒からはずれはじめたので、本来のリズムに戻りつつあるということでしょうか。

今の所、脈拍が減ったからといってこれといったメリットがあるわけじゃないんですが、
数字的には大きな変化でびっくりしました。
予想外の禁煙効果でした~。
応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|モコ|




関連記事

ゆらゆら乙女心

新しいベッドで寛ぐモコさん。


デカ過ぎて全景が収まらないんですが、新しいベッドです。
200×200センチのデカベッド。9月下旬に届きました。
ダブルベッド(140×200)の左側の上部で小さくなって寝ていた私には、
かなり幸せ感じる足を伸ばして眠れる広さ。
ちなみに左側下部には、2猫に取られてました。




王子様ネコも新しいベッドが気に入ったそうです。
なぜかベッドにあがると一人でエキサイト!暴れまくり!
子猫のようなはしゃぎっぷりが続いております。


みんな大好きな新しいベッドですが、
届いて早々(2日目)にモコのオシッコの烙印をいただきました。

その時点では犯人不明でしたが、監視カメラによりモコなことが判明。
つまり・・・その後もオシッコ騒動が続いたのでした。
最初の1回こそ実害がありましたが、その後はガードを鉄壁にし布団とマットを死守しました。

他にもダンナさんのバッグ、ダンナさんの傘なんかも被害にあいました。
ベッド被害では、王子様ネコのベッドのすぐそばが毎回犯行現場です。
(枕と枕の間に王子様ネコのベッドがあります)

最初の犯行後、臭い残りが起こらないようマットも位置を換え、
パッドからシーツからすべて交換し、その上トイレシートを敷き詰めて、
さらに介護シーツでガードするという念の入った守りでした。
臭いに誘われもよおすならば、
完全消臭できないマットが一番誘いそうですが、場所は移動しています。
しかし、毎回同じ犯行現場。
臭いじゃないんですよね。おそらく。




問題行動(トイレ以外でのオシッコや夜鳴き)
↑ここを読んでからモコさんの揺れる乙女心が少し伝わってきました。

●新しい環境へのストレスで自分の匂いをマーキングする
引越したり、環境の激変が原因だと思い込んで無関係と思ってましたが、
彼女にとっては大きなベッドも十分に激変だったのでは?

●気に入らない匂いのする場所に自分の匂いをマーキングする
嫉妬の対象となる猫。唯一、枕と枕の間にベッドを構える我が家の偉い猫のことですね・・・。
また人間や猫の臭いのするものに対して
これが本当に気に入らないのか、それとも本当は好きなのか
と書かれています。
彼女は偉い猫(王子様ネコ)のこと大好きなんです。葛藤があるのかもしれません。
ダンナさんの臭いのする衣類の上で寛ぐのもすごく好き。
その変形で、ダンナさんのバッグや傘が標的になったのかもしれません。

上のサイトと出会えたおかげで
オシッコする猫の事情への理解が深まったし、ワタシ自身気が楽になりました。
素晴らしい情報を掲載してくださってありがとぉー><



止まったはずなのに唐突に再開したオシッコ攻撃。
不思議だった何がオシッコを誘うのかという謎。

今は少しだけ揺れる心がわかります。でもこれはどうしようもない(^^;
ひたすらすって、こねて、嬉しがらせて、
不安を取り除いて落ち着くのを待つくらいしか思い浮かびませんでした。

効果あったのかなかったのか、1週間以上オシッコ問題は陰を潜めています。
このまま落ち着いてくれるといいなぁ。
でも、全然気は抜いてないからいつでもどーんと来い!<( ̄^ ̄)>




この、大きいながらもわずか2メートル四方の小さなスペース。
家の中だけで暮らす猫にとって、どんな大きさなのでしょう。

ゆっくりゆっくり新しいベッドに馴染もうね。
みんなで一緒に寝れるように買ったベッドなんだよ。知ってる?
今夜もいつもどおり一緒に寝ようね♪



応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|モコ|体調管理|



[ ゆらゆら乙女心 ]の続きを読む


関連記事

眠りっプー

昼寝中の子猫プーシャン(心だけは子猫)を激写。

もぐもぐしながら、
寝言言いながら、
網戸からそよそよ入る風を浴びながら、
ひたすらひたすら眠る。



「寝食を忘れる」という言葉があるが、
「食」は忘れても「寝」は決して忘れないプーシャン
何度呼んでも爆睡しててご飯に来ず、
夜になってようやく魂が戻って腹減りコール。なんてことも珍しくない。


目覚めたら家中パトロールしいないと怖くて落ち着かないんだそうです。
眠る姿は、ビビりとは無縁な印象なんだけどな。

彼の最近のブームは布団に素潜り。
秋になり窓の開放時間が増えるに伴い、ビビり時間も増えて布団に安らぎを感じてるようです★

寝る子は育つ!
まだまだ大きくなれるさ。そしていつかはトラに~(^^)


応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|プーシャン|




関連記事

「モコ」スペシャル その3

モコが室内暮らしに慣れた、2ヶ月ほど経過した頃からのお話。

しかしまだまだ問題山積。

・オシッコトラブル。
この頃から粗相クライシスが始まりました。
トイレ覚えは早かったんですが、いまひとつ徹底できない。
尿路疾患など疑いはありましたが、特定できぬまま今でも未解決;;
最近(2010年9月末)2メートル四方の大きなベッドに替えましたが、すでにオシッコの烙印アリ。

・お腹に虫を飼う。
保護直後に2回虫下し投薬しても収まらない。
命には関わらないので時々投薬しながら様子を見てました。
1年以上に渡り虫退治し続けることになったのでした。解決済み♪

・目がにごる
この年の年末には左目が濁ってしまいました。(詳しくは旧楽天ブログ 2006年12月24日
何かの感染と思われる炎症でしたが、幸いにも完治できました。

この頃は切れ間のない投薬が続きました。
体にも大きな負担になって積み重なっていたころだと思います。
それでもよく食べてがんばって大きくなってます~。

まだまだ小さなモコさん。

あどけなくて不安げなお顔。
最近はこんな表情みかけないです。

彼女にとって王子様ネコ
家猫生活への道しるべだったのかな。
ワタシの知らないところで、
たくさんの事を教わったようです。









わが家には王子様ネコが生まれるより前から水槽があります。
しかし、王子様ネコもハル(ちびすけ)も水槽には全く関心無しです。

初めて現れた「水槽に興味深々な猫」がモコなのでした( ´▽`)

無茶な姿勢です。

背伸びしないと見えない。
狙いは砂面です。

この「ハゼ」がモコとお話してくれます。

捕まえようと手を伸ばすこともあるけれど、届かない「ハゼ」くん。
その動きがモコのハートを捉えたらしく
日々水槽に通って眺め見るモコなのです。


「ハゼ」くんはだいぶ年寄りで、何度か病気を繰り返しては復活してました。
しばらく後にお星様になってしまうと、モコ水槽見学の日々は終了してしまいました。

水槽を見上げるモコは不思議な顔をしてました。
空を見上げるハル(ちびすけ)もそんな顔をしてました。

ハルは鳥に、モコはお魚に、
思いを馳せ、憧れたのかもですね。







左目はひとまわり小さく、いつもウルウル。
ゴハンを食べると涙がぽろぽろ滴ります。
2年くらいこんな状態でしたが、気付くと完治してました。すばらしい!









年があけて落ち着く頃、ミイラ女の登場です。(避妊手術後の包帯服)

ビビる王子様ネコ
病院くさいし、変な動きだし、怪しすぎる物体に困惑(笑)

保護直後から時期を逃さぬよう医師に何度もチェックしていただいてました。
避妊手術によって得られるメリットがあります。

乳腺腫瘍は腫瘍のなかでも大きな割合を占めますが、
初めての発情期前に、全摘出手術をすると将来の乳腺腫瘍発生率は著しく低下。
(ネット上で調べると0.05%~0.5%の発生率で幅があります)
1回発情期を迎えた後の手術では、将来の乳腺腫瘍発生率は 8%。
猫の腫瘍の悪性比率は高いといわれてますし、
10倍以上の違いを考えて発情期前にと時期を見計らっていたのでした。




病院に一泊する予定でしたが、先生の判断で日帰り退院を許されたモコ
男の子の去勢手術とは大違い。
それはもう動作ひとつに悲鳴が上がる有様で、ワタシにすがり付いておりました。
私にとっても重大事件のひとつだった手術でした。
今でもこの包帯はとってあります( ´ー`)使う予定はないんですけどね。




傷の回復と共に、彼女の不安定だった体調も
不安定なりに落ち着き始めます。




まだ大人になりきっていないモコ
王子様ネコともうまく距離を保てず就寝時にはモコ部屋でひとり眠る生活。
そんな彼女の目の前に「子猫」という存在が現れるのです。
モコの生活スタイルや行動を大きく変えることになりました。
そのお話はこの次に(^-^)


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|モコ|


関連記事

返事は簡略化

カーテンの向こうで日向ぼっこする王子様ネコ
・・・・その尻尾と後ろ足。







王子様ネコの本名は "パン(pan)"
「パンにゃーん♪ ぱんにゃんさん~」と猫なで声で呼びかけた。

一回だけ尻尾がぴょんと跳ねた。

少し寂しい。


応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|王子様ネコ




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。