もなかの庭

猫さんたちと暮らすのんびりとした日々


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「モコ」スペシャル その2

やって来たばかりの頃は
眠ると目ヤニで目がくっついちゃうので、しょっちゅう拭き拭き&目薬。

カジリ子猫で、なんでもカジカジ。
ダンボールに小さな歯型がいっぱい。





2週間経過するころには、ひどい目ヤニ子猫から離脱。

まだまだ涙目だし目ヤニも出るけど、こんなの軽い軽い♪


何でも噛む。
その上食う・・・。

ダンボールも食う。ヒモもちぎって食う。猫じゃらしも食う。
ブラックコーヒーだって飲んじゃう有様。
匂いで避けると思い、舐めればわかるだろうと予測し、
手を出さず様子をみてると、飲みやがりました。ゴックンと;;






モコ王子様ネコが大好き。会った時からゴロゴロ言いっぱなし。

ガブリ猫なので、王子様ネコからはちょっと嫌われ気味。


シッポを狙い続けるモコだけど、力では到底及ばずバシっと叱られる★

子猫にはなにやら子猫の匂いがあるのか、
くっつかれるとペロペロ舐めるし、決して本気ではパンチしない。
これは大人共通の行動っぽく感じますが、思い込みかしらん。








保護後ひと月ほど経過したころには仲良く寛ぐ姿が見れたのでした。

しかし、この後あまりのしつこさに王子様ネコがうんざりし、不和となります。
すべてはカジリ過ぎの為せる技。

そして過去話はまだまだ続くのでした~( ´▽`)


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活

|モコ|



スポンサーサイト

関連記事

「モコ」スペシャル その1

モコが我が家にやってきてちょうど4年です。
生後2ヶ月前後だったので、モコは今4歳を過ぎたくらい。
人間でいうと、20代後半くらいでしょうか。
この先、おばちゃん化(仲間?)するモコを見れそうでワクワクします( ´▽`)



この冬用にゲットした「タマごろんベッド」で寛ぐモコさん。



彼女の左目は、今でこそすっきりクッキリぱっちりですが、
保護当時、
「左目は危ないかもしれない。無事でも涙目は一生付きまとう。」
そんな風に覚悟をしたものでした。




保護したいきさつなどは、2006/9/24の旧楽天ブログのログをご覧くださいまし。
初めてケージに閉じ込められ、
慌てて隠れたダンボールのおうち。

目だけを覗かせて
そーっとワタシを覗き見る

人が怖くて、手が怖くて、
泣きじゃくり攻撃しまくってました。
懐かしい。


ひどい目ヤニでした。
目は白くかすんでしか見えませんでした。

野生的な激しい攻撃をするので、
目ヤニをとるのに四苦八苦したのです。
怯える子猫。ワタシは子猫をいたぶる悪役★

目ヤニが減ると物に反応。
その時までよく見えてなかったんですねぇ。
あぁ、懐かしい。



やっと見れた全身の姿。

ガリガリの体。
痛々しい目。
ダンボールの中にはノミがぴょんぴょん。

懐かしい。胸がきしみます。
今のお嬢様モコはこの子だったのです。
油断すると忘れてしまいそうな事実。


4年一緒に暮らして、2年目くらいから分かり合えた気がします。
もちろん全てが通じるわけでもないけれど、
今のモコは私を信頼してくれてます。

ワタシのすることならきっと安全。
ワタシのすることなら痛くない。
ワタシが勧めるのだから食べてみよー。
そう思ってるんだなと行動を見て思うことがよくあります。
一生、この信頼を裏切らないぞ!






本当は、モコのこれまでをダイジェスト記事にして1話完結予定でした。
しかし、この記事用に数枚の写真を発掘しようとピックアップしはじめたところ、
ワラワラと写真がデスクトップに溢れてしまった。
どれも捨てがたい。みんな記事にしたいっ!
・・・というわけで、続編記事をいくつかに分けてUPします(^^)



by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活



|モコ|





関連記事

基本は仲良し

気づくと、お尻をくっつけ合う2猫がいた。

左がプーシャン、右がモコさん。
どちらも寛ぎ感をアピールしてますが、ひとりは偽者。







激しく尻尾をバンバンするモコさんが偽者( ´▽`)

プーシャンモコのことが大好き。
みんな好きだけど(ワタシや王子様ネコのことも)、モコのことはスペシャルな感じ。
お尻くっつけて幸せ感じてるようです。






お嬢様は、どこかの車のカーステのようなリズムで尻尾バンバン。

イヤなら移動するはずなんです。
でも、移動せずに尻尾バンバン・・・・・。
何か表明したいのでしょう。

「あんたがいても私は動じない」とか
「くっつかれるくらい余裕よ」とか
「本当は撤収したいけど、負けるみたいだからイヤ」とか
「逃げたいけど、嫌ってると思われるのがイヤ」とか。


乗りあがってますです。おみ足が・・。


無理やり足を乗り上げてるような気もしないではない。
女心は不思議~。

これに似た音と光景はいい頻度で繰り返されてます。
たいていは、うたた寝モコプーシャンがもたれるように甘えて、
それをモコがペロペロして、
落ち着く頃に始まる尻尾バンバン!

結末は色々。
そのままくっついてふたり眠ることもあり、
モコがススッと微妙に離れることもあり、
ふたりそろってどこかへお出かけになることもあります。

仲良しも気分によっては色々あるってことかしらん。


応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|プーシャン|モコ|





関連記事

爪とぎの使い方

「爪をとぐ」は省略。


使い方としてよく目にするのは、モコさんの枕として活躍する姿。
気持ちよさげにもうすぐ眠りにおちそう。







物音に気付いたか、ぞろぞろと集まる面々(ワタシが悪いのか・・)


じっと見詰めてた王子様ネコだけど、結局興味なさげに素通り。



王子様ネコの去る姿を念入りに確認。



すっかり目が覚めてしまったモコさん。
それでも定位置に戻る。



幸せかみ締めてます。
セリフにするなら
ここは渡さないわよっ!
誰もそこに興味ないから安心せよ。



どっぺり寝転んでいたプーシャンエンジン掛かりました。
目はくっきりぱっちり。
遊びたいそうです。



チョイチョイ。隙間に手を突っ込んで遊びに誘うプーシャン

爪とぎの使い方。2番目は遊び場。
適度に隙間があって手が入る。
高低差があって隠れる部分がある。
・・・もぐりこめる。
かなり優秀な遊び場。



プーシャンは執拗に遊ぼう攻撃を続けます。
まるで追い詰められたかのようなモコ



彼女は、ここでウットリしたいので動かず粘っていたのです。
あまりのパワーとしつこさにイラっとした?

モコさん、ちょーっと怖いお姉さんに変身&しっぽブンブン。
高所からギロっと見下ろすお姉さんは迫力あります。
プーシャンは、少し迷った後、後ずさりながら撤収。



そして最初の写真に戻る(´▽`)
王子様ネコは忘れた頃に動き出すし、プーシャンはくじけないので、
3回くらいは最初の写真に巻き戻ります。

爪とぎとしてもちゃんと使ってね~★







[
爪とぎYS25006] 1,980円  Jマートe-shop/楽天市場

上ってよし、もたれてよし、爪といでよし。
2枚のRの板を重ねた造りです。
つなぎ目部分がRの段差として見えてます。

すべり台状の最下部の裏側の隙間に、
キラキラボールとか詰め込んで、
手を突っ込んで引っ張りだす遊びもウケがよいです♪




モコつながりで(同名)知り合った猫さんがいました。
「もこ」ちゃんです。
ずーっとご無沙汰してたのだけれど、もういないって今日知りました。
病気と闘ってがんばってたもこちゃん。
ワタシの記憶のもこちゃんは、少し病弱な大柄美人お姉さん。
見守るように空からおうちを見下ろしていそうな気がします。
もこちゃん、ゆっくりのんびり休んでね。

子猫だったウチのモコももう4歳。
月日が経つのは早いです。
みんな、ゆっくりゆっくり年をとってくださいな。

応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|モコ|




関連記事

ラテアートもどき

DeLonghiのBAR14Nを入手したのが、6月の終わりごろでした。

エスプレッソをなんとか入れられるようになって、次にミルクの泡も作れるようになった。
でも、
当時の泡は洗剤の泡のようなぼわぼわな感じ。
ラテアート用のフォームミルクだって作れるマシンらしいので、
上達したいと地味にコツコツ練習してました。


ラテアートぽい泡が作れるようになりましたです。
なんとなく「ハート」に見えますか?


こっちは「リーフ」の練習。
成功例が無い。汗
手先がダメダメ(手先に限らないけど)なので細かい仕事は難しい。



どんなミルクを作ればいいのか。とか、
どんな風に動かせば描けるのか、とか、
初心者ながら基本の欠片ぐらいは学べたかもです~。

たとえば「欠片」は、
・BAR14NではOKランプの点灯前に泡立て始め(ランプ点灯中はパワー切れが起こるぽです)MAXのパワーのスチームを継続させる。
・スチーム中、空気を含ませる時間は5秒以内。あとはひたすらMAXパワーで攪拌。
・ミルクは躊躇せず、どかっと注ぐと浮く。
などです。

ワタシ、小心者なのでミルクをちょろちょろ注ぐクセがあります。
そうすると綺麗に浮いてきません。泣







ワタシと一緒にコーヒータイムを楽しむモコさん。

失敗しても成功しても、置いてあるミルクに興味津々。
どうぞ。と生ぬるいフォームミルクを差し出すと楽しげにペロペロ。

いっぱい飲むのかっていうと、数回味わうとさっさと去る。
普通の状態のミルクでも数回味わうとさっさと去る。
好物だったチーズも欠片をいくつか食べたらさっさと去る。
大人になったモコさんは子猫時代(ガツガツ飲み食う)の彼女とは別ネコ。
きっと、ちょっとだけ味わうのが今の彼女の楽しみなのでしょーねー。

結構にぎやかな音がするんです。
エスプレッソ入れる時も、スチームする時も。
大きい音にビビる猫だけに、逃げちゃうかなって思ってましたが、
猫さんは、み~んな動じないです。
スチームが飛んだり、熱い状態のマシンに触って火傷したらどうしようって私がビビってます。






スチームミルクは、それなりではありますが
満足が得れるようになったので、エスプレッソ作りに励みます~。
ブレンドしてみようかな。焼き加減も変えてみようかな。いろいろ試してみたいなぁ。
アートも、上手に出来るように時々練習しますです( ´▽`)
(ミルク注いじゃうとエスプレッソの味の違いがよくわからんのです)


関連記事: おうちカフェ

by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活






関連記事

窓枠プリンス

玄関の窓枠。
彼が唯一上れる高窓。

かつて元気だったハル(チビスケ)が王子様ネコに怖くないよって教えてくれた窓。
おかげで上れるようになり現在に至る( ´▽`)
寝室の高窓も指南をしていたのだけれど、王子様ネコが学ぶ前にハルは闘病に突入。
結局、今でもこの窓だけが王子様ネコが上れる高窓なのです。



窓枠から階下を穏やかな(だるそうな?)顔で見下ろす。

下では、残る2ニャンがじゃれ合い中。
危害の及ばない場所から見物するのは悪くないぽい。



名前を呼ぶと、
そのままの優しい顔で視線をくれました♪

めんどくさいけど嫌いじゃない。いないとつまんないけどいると煩い。
2にゃんを眺めて見守ってるのかもですね~。
あ、
ワタシも2ニャンと同じ扱いされてる気がしてきた・・・。



うだるようだった夏もようやく出口が見えてきました。が、まだ暑い。
エアコンが存在しなかったら生き残れないかもって本気で思った夏でした。
毎日毎日がんばってくれてありがとー! エアコン感謝!



応援クリック、いつもありがとうございます


by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活


|王子様ネコ|




関連記事

つらい記憶の夏

写真は無し。独り言です。





毎日毎日、途方もない命が消えて、数え切れない命が生まれてます。

いつも思う。
消える命の光が空に舞い、落ちてくる命の光が降り注いだなら、
世界は光の雨が上へ下へとどんなに眩しいことだろうと。

そんな風に客観的に想像できない命もある。
思い入れの強い大切な者のそれは、舞い上がらせたくない。
しがみついてでも鎖をつけてでも繋ぎ止めたい。
それでも無理ならば身代わりになりたい。


5年前の8月18日にワタシの大切な子が舞い上がるのをワタシは最後に止めなかった。
引き止めても与えられるものが苦痛しかなかった。
終わりの短いやりとりの時間、ワタシとハルは通じ合えて穏やかだった。
今でもそれでよかったと納得している。

でも、
あの子のぬくもりを失ったこと、二度と声を聞くこともかなわないことは、
時間と共にワタシの中で重く暗雲のような悲しみになり、
悲しみは怒りに形を変えて矛先を探した。
5年経った今でもその燃えカスがゆらゆら炎の形になる。
そして今でも、あの子の動画を見ることは出来ないし、写真を眺めても放心してしまう。




今日、ブログのお友達の「こごろっち」が天使になったことを知った。
突然のこと、まだ7歳の若さ。
元気で可愛く、まんまるの目をした愛嬌たっぷりの坊や。

ここしばらく体調が悪く、自分のブログの更新もいつもに増して滞っていて、
今頃気づいたけれど、28日のことだったそうです。

詳しい理由はわからないけれど、悔しい。
こごさまの未来を奪ってしまったものが恨めしい。
奇跡を起こしてくれなかったのが恨めしい。
彼にその災いを差し向けたものが恨めしい。
何故こごさまだったのか。
どうして奪われなきゃいけないのか。
なんでどうしてなんのために。

驚き、落胆し、悲しくて涙し、ふつふつと憤りが沸き起こり、またひとつ絶望する。
5年前から時々起こる止められないプロセス。



結局、いつ起こるかわからない災いから逃れる術はないようだ。
事故、病気、天災、きりが無い。
ワタシは慈悲深く無慈悲な何かにいつも祈ってる。
「我が猫たちに降りかかる災いを全部ワタシに振ってください」と。
おかげでワタシは次から次へと、難病は見つかるわ具合は悪くなるわ持病は悪化。
それでも猫たちが無事でさえいてくれればいい。



セミの鳴く暑い季節の記憶は、5年前からハルの闘病とその終わりに直結している。
この先はこごさまのまんまるお目目の顔が加わることになるのかな。
ほんとなの??
あぁ信じられない。こごさまの新しい日常がもう見れないなんて・・・。



こごママさんの心中を想像すると胸が詰まる。
言葉にできる励ましはみつからない。

こごママさんは生きています。
生きたかったこごさまの分までしっかり生きてください。
いつか再び幸せを感じることが出来る日がくると信じてます。

こごさま、写真でしかお会いしたこと無いけど、
夢で会いにきてれたら嬉しい。楽しみに待ってるね。


参考サイト: 溢れんばかりの愛情を注がれるこごさまの日常をつづったブログです
Tonkinese Times by こごママさん






by ゆきもなか
別ブログはコチラ「ワタシ的快適ネット生活








関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。